まず、スペースの方に来ていただいた方、現地でお世話になった方に感謝を。
ありがとうございました、楽しいイベントでした。
尚、今回NDSCDR作品の方と、コピー冊子の方(特にこちら)は早々に完売してしまい、
手に取れなかった方にはごめんなさい、でもあれが個人で出来る限界の数です、本当。
(一応CDRの方は140程度合計で持って行ってはいたのですが、アレ以上は流石に厳しいです)

さて今回は前日に現地入りをしておりました、朝7時過ぎ発の便で東京へ向かいましたが、
結局当日の朝1時辺りまでCDR焼きの作業をしておりました、いやはや、4作はもうやめよう。

8:30 東京着、案の定うどんを食べる
    なんかやたら暑くね?
11:?? 蒲田駅のヴィ・ド・○ランスでパンを食べながら寝オチる 
12:30 知人と合流、定食屋や喫茶で御話しながらご飯等
    (そして手首に力が入らず味噌汁をこぼす事故など)
14:50 別れて宿に到着するもチェックインは16:00からなので、それまでロビー椅子で寝る
17:30 初めて秋HUBを体験する、ありおとさんありがとうございました、マジ多謝
    揚げパスタがうまい、超うまい、あれ近所においてくれ
22:?? 宿帰宅、入浴し睡眠

尚この日午前中だけでアイスコーヒーを5杯飲む、眠気恐るべし

4:30 起床、入浴に1時間近く費やす
8:00 空腹に負け、ホテル朝食バイキングに500円使う、美味い
9:30 会場到着、案の定コーヒーを飲む
10:?? 当日の売り子が一人しかおらず、もう一人欲しいなーと思っているも、
    知人一斉に羽田直通に乗る事故に爆笑する
    結果、一般入場列に偶々その集団とは別で来ていた知人を
    『ちょっと売り子&お買い物やろうか』と誘拐する(めるカンさん大変お世話になりました)
10:15 サークル入場、挨拶等を済ませる
    今回本当に多くの方と接点が出来ていたので会話が弾む、イベントはやはりこうでなければ
    …と思うも、今までは然程接点があるでもなかったので何もかも初体験の領域
11:30 開場、想定通り開幕に人が押し寄せる
    
    ふと横を見ると売り子さんがこんなものを掲げていたが、
    マッハで捌いた甲斐もあってか列は殆ど10名以下で済んだ
    尚この時の列整理を担当していたうちの売り子とはある程度事前に打ち合わせをしていたのと、
    彼自身が列整理スタッフの経験豊富なので助かった(冬月さん大変お世話になりました)

イベント中は本当にてんやわんや…という訳でも序盤以外はないですが、
知人が前回に比べ5倍以上に増えていた事もあり、色々御話したりもしつつ。
中には今まで遭遇機会がありそうでなかった方も居りました。
遠方から来ていた知人も沢山おりました、三日間連続イベント参加とかすげえよ貴方ら…。
まろおさんにエリーの色紙を頂いて土下座できないからと直立不動で何度もブンブン御礼したりとか、
ましろさんはやっぱり御菓子をくれたりとか、ちゆりコスの人に何故かスケブを渡されて逃亡したり、
色々ありました。ぇぃたいささんや生パンさんはスケブで伝説をやはり作ってくれました、
ありおとさんは謎の流れに巻き込まれました。どうするんやコレ
書ききれない程色んな人に、色んなものを頂きました、ありがとうございます。
じっくり読んだり食べたりします。やっぱ作品を好きな人が多いってのはいいね。


さて鶯壱里というか私というかですが、次回イベントはどうしようかちょっと考えています。
ちょっとやる事が多いのと時期的な問題があるので、暫くイベントに出ない事も考慮する必要があり、
手元に残っている作品が現在花時計しかもうない(他は全て今回で完売となりました)、
というのもあり、イベントに出るなら何か作らないといけないけど…でも人には会いたいしな、
と、大体そういう感じで、私自身迷ってもいます。
紅楼夢については一次募集の間にどうするか考えたいと思います。今はまだ明確には私にも。


最後になりましたが改めて多くの人に感謝を。 いやー、久々に何も考えずに楽しめました。


それと、花時計の方は予約が始まっています、右上に掲載していると思いますので、そちらから。

Posted By 廿秒

    2 Responses to “幺樂団カァニバル!3 レポ”

  1. たけみかづち より:

    まずは『幺樂団カァニバル!3』参加おつかれさまでした。

    久しぶりの再会ということで色々お話したかったのですが、サークル激込み&挨拶回り等で忙しかったようで、ほとんど会話ができなかったのが心残りです。
    帰りもお早いので、イベント後にゆっくりというのも難しいみたいですしねw

    さておき、当日は結局お邪魔だけしてしまって申し訳ありませんでした。
    今度はもう少し声をかけるタイミングを見計らいたいと思います。

    今回はきちんと売り切れ前に新刊全部買えたことと、手土産を無事渡せたことが収穫でしょうかw
    ちなみに私事ですが、次回紅楼夢は一応参加予定です・・・が、廿秒さん側としては色々事情があって、参加は未定のようですね。
    もし参加されるようでしたら、その時はまたどうぞよろしくお願いいたします。

    ではお体に気をつけて。

    • 廿秒 より:

      こちらこそ、連戦お疲れ様でした。

      割と空いてる時間はありましたが、人には大勢着ていただいて、
      旧作オンリーは特にそうなりますね、他は大抵、ええ…w

      本当に素敵な物頂いてしまって、ありがとうございます。
      色々思う所ある中の作業や歴で、あの色紙を頂けた、
      というだけでも、私にとってはとても嬉しい事です。

      一応紅楼夢には申し込みをするのは確定しましたが、
      何を出すかまでは今でもハッキリしていないという有様。
      予算等の都合も考えつつ、またギリギリの作業やもしれません。

Leave a Reply




XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


twi