手の付け方

かれこれ半年ぶり程になりますか、お久しぶりです。

環境が変わると、趣味であったものを触れる為の一歩目が変わると感じています。
例えばそれは常にオンになっていたスピーカーがオフになっていたり、
充電してあって、開けば常に何か音楽に触れるようになっていたDSが、
現在はコードをしまったままで、はてこれには何が入っていたか、等であったり。
それはどちらかといえば、諸問題の解決への糸口を見出さない界隈であったり、
自らのセーブ部分であったり、様々な要因ではあるのですが。

そういった事から、ああ公開しておかなければ、あれはどうしようか等、
頭の中に湧いて出ては消える有様。湧いて出た時、手で触れていれば、
その都度少しずつ作業をしている状態です。

それでも、過去の作品にふとした事から触れる方も居る様で、
コメント等は、週に一度程は確認しています。有り難いことです。
『どうやら、私は同人という道で何か作っていたようだ』と、
どこかしら余り実感のない事を、なんとなく認識する手助けになっています。
別に記憶喪失という訳ではないのですがね。

昨年頒布した本は、どこを残すか、どこを加筆するか。
そんな事をゆっくりと考えています。
悪い癖なのですが、文章関係の本は二日程度しか作業しないのが常で、
後からもろくすっぽ見直ししていないので。一々考え直しが、こう。

Posted By 廿秒

Leave a Reply




XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


twi