あ、無事です。

まあtwitterはグダグダ書いてますんで、それ位は伝わってるだろうとは思うんですが、
youtubeに外人さんから「また更新とめたのか」とか言われましたんで、一応。
HDD吹き飛んでから音楽環境整えるのがどうにも中々面倒でして、
やっとこ冷房も付きましてメインPCを触ることはそれなりに出来るようにはなりましたが。

あ、どさくさ紛れにゲスト参加した企画やらの所を3年ぶりだかそこらに更新しました。
2つ増えましたが自分のサークルがいったい何をしているのかどんどんわかりません。

東方もご無沙汰な状態でございます、針以降はさっぱりです。
環境面(これは私を取り巻く物として、パソコンとしての両方ですが)も変わりまして、
中々シューティングゲームという物をやるのが大変な状態なのと、
ゲームや知識欲としてやる分には過去の作品で十分満足しておりますし、
掘り下げる要素なんていくらでもある形なので、新地を必要としてないといいますか。
ですので、今後何かやるとすれば針以前の物となるでしょうね。


それと先日・・・いやもう3ヶ月前なんですかコレ・・・に出した冊子の方について。
あれは何だったかといいますと、単純に放り出した連中がわんさか居たアレを、
私はちゃーんとやっていたのでその部分だけでも形にしておきますね、という内容です。
中身としては簡単に触れるならば、
 ・隠岐現地調査及び現地の人に聞いた話の仔細
 ・そのキャラクターとの接続及び展開
 ・接続ポイントの再確認と応用
という内容になっておりました。まあ、役に立つ人には役に立つかと思います。
村紗水蜜の原点を、現地に向かい漁師さんとお話をし、
その地にある恵比寿(海での死者としての)を祀る場所についてを特定し、
座標を緯度経度で載せた上で、原点としての妖怪が今どう残っているか、
どう変化しているか、またそれをどう東方と再接続するか、
更に旧作キャラをそこに重ねていく、そういった内容です。

必要な方はメール送ってください、データ形式でお渡ししますので。
まあ、もしかしたら、公開するかもわかりませんが。一部は省いて。
(や、まあ放り出した輩がわめいても面倒ですからね)


あの時久々にイベントに出たのですが、やはりサークル参加というのは良いです。
座れますから。
まぁ、また気が向いたら突然何か作る事もあるでしょう。


余談ですが、耳の具合は割と緩和状態を保てています。
こちらも気が向けば、そのうち。

Posted By 廿秒

Leave a Reply




XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


twi