千年幻想郷

SoundCloud、youtube、ニコニコ動画にアップロードしました。

ちょっとサイズがうまいこと行かず、記述サイズ通りにしたら粗くなってしまい。
800*600で作ればよかったかな、まあ後の祭りという奴ですね。次に生かそう。
見た目はニコニコの方が見やすいので、→のマイリストへのリンクからでもすっとんで是非。

PianoScoreの方には後々あげます、ちょっといつもの画像を用意する携帯が、
今充電切れててとてもじゃないですが動かせないのと、
私の充電が切れそうという事で、これは後日に回します。
とりあえずPDFはダウンロード出来るようにしているので、
こちらからどうぞ。

あー、難易度は高いというか、
『取り敢えずオクターブ以内での移動とペダルで何とか頭使ってね』
という事だけを制限要素に加えているだけで不可能ではないと言い張るか、とか、
そんな難易度ですが、私は伴奏に選んでいる音がややこしくないので、
ある程度融通は効くかなと思いますよ。私ならそうね、拍頭だけはちょっと考えて、
他は下にある音は無視しますね。それだけでもまあ現実味は上がります。
あとは16分外すとか。
参考に左手のみの音源があったりして?


以下私がうだうだこれの作成に当たって何やらかんやら。


丑三つ~の曲として最後に公開。最後になった理由は自信の無さだけです。
特に製作段階でも他の部分が完成した後残った1分付近、
あそこが何となく物足りないというか、上手くまとまっていないという印象。
とはいっても締切はある(まして丑三つ~の大半は2日で完成させている)のと、
時間をかけてもこれ以上どうしようもないという引き出しの無さで、
これで、という事に。特に技術・理論的土台がないだけに、こういう時突破し辛い。

さて少し話を変えて、楽譜を作るにあたっての。
考えていたのは、少し月まで~の楽譜でも触れた通り、こちらにも共通要素を入れる、
という事で、それは36秒付近からの伴奏と月まで~の最後の盛り上がりの伴奏の形が、
ほぼ同一の物でできているよという事と、両曲の最後の部分の伴奏も似ているよ、
という2つの所。あとは、先程納得がいかないと書いた部分に、ほんの少し、
月まで~のメロディが入っている、わかりにくい、私でもよくわからない。
(だから納得がいかない、というのが正直な所大きい)

なんていうんでしょうね、もっとこう生生しくしたかったな、という。
その前に楽譜を易しくしろこのバカ
蓬莱人は非現実的だけど、生生しいというか、そういうイメージです、
何があっても死なないとか生生しすぎて嫌気さしません?
まあそれも色々あると「やめられないが故の楽しさ」ってありますよ。
そういう所、さらにこう生生しくて指がケタケタいいそうですね。

まあ、こうして丑三つ香り火肝試しは、
 ・常人なんぞにゃ弾かせてやらん
 ・寧ろこれで「自分なりに楽譜を簡単にしてでも挑む」と思ってくる
  一種の満月にやられそうな気の触れた人達を見たい
 ・挑んで見える生生しさ
 ・そして「何かよくわからんけどやめらんねえ、楽しい」と思ってくる辺りの、
  藤原妹紅テキストにあったあのラインに近い何か
そんな物を自分の中でニヤニヤと持ちながら作られたのでした。
そう、輝夜のような何か。東方サッカーの輝夜は忘れてあげて
輝夜の様な何かをそもそも作る事自体がその物なので、
私はまあどこでしょうねというとどこでしょうね、冊子の中身の通りです。

で、これを楽譜でやるからこんな事になるんですけどね。
特に千年~と月まで~作るときに参考にしたのは音楽書でもソフトの説明書でも、
はたまた本棚に入れて一度も読まずにいる音楽理論書とそのドリルでもなく、
文庫サイズ版の竹取物語2冊だったというからやめらんねえ。
DemistifyFeastはまた別ですが。
お話の原作をやりたいっす、原作というか、設定というか、土台というか。
いや、まあこれはそのうち来月にでも。

あ、今日で28歳になりました。
もうおじさんです。

Posted By 廿秒

Leave a Reply




XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


twi