『久幸東方交遊会』という、まあ同人誌持ち寄って読みましょう、
という感じの物がありまして、今回そちらに初めてお邪魔してきました。
人のお勧めの本とかを読んだり、まあ普通に遊んだりもする、
大体そういう催し?でしょうか。私の目的はちょっと逸れてたんですが、

 ・本読んでる人ってどんな読み方してるんだろう
 ・どんな本を持ってきてるんだろう
 ・こういうのに集まるガッツある人ってどんな感じなんだろう

…というのを見る事を、個人的な目的としていました。
まあ一言でいうなら、『楽しんでる人ってどんな人だっけ?』。
当たり前のようなんですけど、最近どうにもそこから私が逸れてる気がしましたので、
見ておきたいなと思ったわけです。

実はそればっかり見てて、ほとんど私本は読んでいなかったりしました、
紹介した本は改めて紹介する前にささっと読み直しましたが、読んだ事もありましたしね。
大体その後、紹介にあった書体関係の本を眺めて、
『でもここに力入れる前に、私は基本的な表現がおぼついてないよね』
となって考え事をしてたら結局頭に入ってなかったり、ふらふらーと。

まあ一言で感想いうならば、『この人らしんどいような事いってても目が死んでないね』と。
イベント参加回数とか正直『頭おかしいやろ…w』と苦笑いしたくなるような回数だったり、
その苦労についてしゃべってるんですが、そこの人らは目が死んでない。
そういう行程すらも楽しんでるんですよね、これってやっぱり趣味だよなあと思いました。
これを実行できるかというと、今の私にはやはり難しいなーとも実感。
シンプルな事だけども、考えてしまうと割と大変な事でもあり。

あと久幸さんは司会うまいね、やりだすまではえらい押してるなあ…と思っていたけど、
やりだしたらトントコ進むというか。私の微妙な間の取り方にもすんなりきて、
滅多にそういう事がなかった人としては内心驚いてました。お疲れ様です。

それと猫蜻蛉のねこかりさん、行き御蔭で助かりました、道は調べます今後、はい。
そしてフランソワさんのよもぎ畑の蓬屋ふらんさん、帰り楽しかったです。
(この辺えらい変わったんですねえ~と地元近辺のお話をぶらぶら)


あ、ぷちお知らせですが。
今年の旧作オンリーは申し込み開始の都合と家の都合が合いませんで、
参加見送りという事になってしまいました。出る人頑張ってね!
今後のうちのイベント参加については、どうしようかなーと考えています。
未定なんですけど、6月に出られそうならば1度。あと秋。
まあ、しばらくは私の都合もあっておとなしくすることになりそうです。
その分サイトでなんとかせんといかんですね。

Posted By 廿秒

Leave a Reply




XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


twi