植物のあれから

長く御祭りやその他の更新ばかりで、植物について書く機会がなかったんですが、
まぁ、本当に色々とありました。

6/13のエントリ(こちら)で、芽が出て少ししたよ!という、
向日葵とカスミソウだったのですが、カスミソウはどうも環境が合わなかったようでほぼ壊滅。
なんとか向日葵は育てきった、という形になりました。流石にへこむ。

で、向日葵なんですが、大体それから一ヵ月半後(7/25?)には

もう花を咲かせていたのでした、早いなあ…!
ミニヒマワリなので、丈は大体50cmに満たない程度でしょうか。
ミニとはいえ、すすーっと一気に伸びるもので、毎日見るたびに少しずつ葉が出てくる、
という感じで、とても見ていて面白いというか、やる気になりますね。

良く見たらわかると思いますが、6/13の時点より大体二週間後くらいでしょうか、
間引きを行いました。本来向日葵の系統は植え替えに弱いので、
間引きの際は根元付近で切る、というのが主流なのですが、まぁどうにも苦手といいますか、
『こいつらは出来損ないかもしらんがちゃんと花は咲くはず!』という事で、
慎重に引っこ抜いて、別の場所に植え替えました。
結果から言うと、引っこ抜く時点で根をほぼ持っていかれた1本以外、
根が生え戻るまで、観葉植物用の葉に与える栄養剤を使い、無事育て切りました、花も咲きました。
今回向日葵を育てて一番良かったのがこれでした。良かった!

で、今はといいますと、向日葵は全て枯れ(!)、無事に種を収穫した所です。
実際に使えると判断した種は合計で何と304粒。どうしましょうねコレ…!

にしても、本当にあっという間に大きくなって花を咲かせて枯れて種を残していったもんで、
なんか二ヶ月前のチビの写真見てると色々思う所ありますね、本当に。あっという間。


…で、全て干し終わり種の収穫も終わった後のスカーンとした光景に私は耐えられませんで、
土を作り直して、買って来てしまいました。

苺を三株…! ねんがんの いちごを てにいれたぞ !
ずっと育ててみたかったんですよねー、苺。
ただ何を思ったか『とよのか』と『年中花が咲いてとれるタイプ』で、後者を買ったんですよ。
未知の種なので、はてさてうまくいくかどうか。

何が一番不安か、というと、苺は基本的に秋に植えて、春に実がなるものです。
で、秋までは育苗し、秋に植えつけて、防寒の藁を被せます。
春がきたら藁を取り外し、水遣りの際に土が跳ねる事を防止し温度を保つ黒ビニールを敷きます。
苺狩りなんかだと後者は多分良く見る光景だと思います。
土が跳ねてつくと、苺って病気になることもあるので、実は気をつけないといけないんですね。
コレが大体苺のサイクルになってくるんですが、そう、今回のは年中実がなるタイプです。
で、今から秋が来るわけです。

…どうすりゃいいの、コレ。

ま、まぁ、年中夢美ちゃんをおびき寄せる岡崎スペシャルだとおもって、
気合入れて育てましょうか!

Posted By 廿秒

Leave a Reply




XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


twi